四季や暦と二十四節気

四季や暦と二十四節気

四季や二十四節気等、暦にまつわるあれこれを1枚にまとめました。
「二十四節気」「節句」…聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからないという人もいるのでは!?
かくいう筆者もふわっと、捉えている程度だったので、
これを機に、暦にまつわる様々な情報をまとめてみました。

調べてみると、四季のある日本らしいものから、海外由来のものまで、何とも奥が深いものです。

ファイル形式
PDF
カテゴリー
cheatsheet
ファイル容量
161KB
最終更新
2022年06月21日

四季や暦と二十四節気

「青春」って、なぜ青い春なの!?

普段、何気なく使っている「青春」という、言葉。
季節を表す、春夏秋冬と、五行陰陽説(木・火・土・金・水)を色で表した、青・朱(黄)白・玄を方位別に組み合わせたものです。

実際には、右記のような並びに。

一番上の並びの「青」「春」をとって、「青春」と呼んでいます。言葉の意味は、「青春」と聞いて思い浮かべるイメージの通りです。

他の並びも同様に「朱夏」「白秋」「玄冬」と呼び、
それぞれを人生における時期、「青年」「壮年」「中年」「高年」に当てはめて捉えたりします。

経験が浅いことを、「まだまだ青いな…」と言ったり、
経験豊富で達者な人を「玄人」と呼び「玄」が使われるのにも納得ですね。

方位と色は他にも…

四神獣にも色が使われていますが、これも方位と関係があり、それぞれの色が使われています。
名前からも方位が判別できますね。

方位と色は他にも

二十四節気

日付読み意味
2/4頃立春(りっしゅん)旧暦では元日。新たに1年が始まる日
2/19頃雨水(うすい)雪や氷が解け始め、草木が芽吹く時期。立春からだいたい15日程経った頃
3/6頃啓蟄(けいちつ)虫たちが顔をだして目覚め始める頃。ゼンマイ・ワラビ・鰆が旬の時期
3/21頃春分(しゅんぶん)昼と夜の長さが同じになる日。国民の祝日にもなっています
4/5頃清明(せいめい)沖縄では「清明祭(シーミー)」と呼ばれ、先祖の墓参りに行く風習があります
4/20頃穀雨(こくう)種まきや田植えの時期。穀物をうるおす春の雨が降るころのこと
5/6頃立夏(りっか)春分と夏至の中間。次第に夏めいてくる季節
5/21頃小満(しょうまん)草木が成長し、生命が満ち溢れる。「梅雨走り」と呼ばれる時期で天気がくずれやすい
6/6頃 芒種(ぼうしゅ)稲や麦など穂の出る植物の田植えの時期、梅雨入りもこの時期
6/21頃夏至(げし)昼の時間が一番長い日。暑さが日に日に増す時期です
7/7頃小暑(しょうしょ)梅雨があけて本格的に夏になるころ。小暑から立秋までが、暑中見舞いの時期
7/23頃大暑(たいしょ)真夏の頃。土用の丑の日にウナギを食べたり、花火だったり夏の風物詩の多い時期
8/8頃立秋(りっしゅう)秋の始まりとされている日。この時期の挨拶状などは残暑見舞いにあたります
8/23頃処暑(しょしょ)夏の暑さが少しやわらぐころ。台風が発生しやすい時期でもあります
9/8頃白露(はくろ)朝晩が冷え始め、朝露がよく見かけられるころ。秋の始まり
9/23頃秋分(しゅうぶん)春分と対になり、昼と夜の長さが同じになる日。この日を境に夜の時間が長くなります
10/8頃寒露(かんろ)霜になりそうなほど冷え始める頃。農家は収穫の時期
10/23頃霜降(そうこう)朝夕に冷え込みが強まる時期。秋が深まり、もみじや楓など紅葉の見頃
11/7頃立冬(りっとう)冬の始まり。「木枯らし」がやってくる時期
11/22頃小雪(しょうせつ)雪が降り始めるころ。秋の収穫を祝う新嘗祭が行われる時期
12/7頃大雪(たいせつ)本格的な雪が降りだすころ。熊が冬眠に入る頃ともいわれている
12/22頃冬至(とうじ)夜が最も長く、昼が短い。柚子風呂やカボチャを食べる風習がある
1/5頃小寒(しょうかん)1年で最も寒いとされている時期。七草粥を食べる風習がある
1/20頃大寒(だいかん)「小寒」「大寒」を合わせて「寒の内」と呼び、大寒の最終日には節分がある

雑節

日付読み内容
2/4頃節分(せつぶん)立春の前日。邪気を払う豆まきや、恵方巻を食べる文化があります
3/18頃彼岸(ひがん)春分の日を中日とした前後3日の合計7日間。先祖を供養し墓参りをする
春土用(はるどよう)立夏までの18日間
5/2 八十八夜(はちじゅうはちや)立春から数えて88日目を指す。「♪夏も近づく八十八夜~」の茶摘みの歌でも有名
6/11入梅 (にゅうばい)この日以降30日間が梅雨の時期とされている
7/2半夏生(はんげしょう)昔から農家はこの日までに田植えを終わらせることが風習
7/20頃夏土用(なつのどよう)丑の日にうなぎを食べることで有名
9/1二百十日(にひゃくとおか)立春から数えて210日目にあたることから成り立った。台風が発生する時期なので農家は厄日とされている
彼岸(ひがん)春分の日を中日とした前後3日の合計7日間。先祖を供養し墓参りをする
9/11秋土用(あきのどよう)立冬までの18日間
1/17頃冬土用(ふゆのどよう)立春までの18日間

節句

日付節句内容
3/3桃(もも)の節句3月3日のひな祭りの日。人形を飾り、子供の健康をお祈りする
5/5 端午(たんご)の節句「端」「午」が中国語で5/5になっていることが由来。こどもの日があり、お祝いをする。
7/7七夕(しちせき)の節句七夕の日 ご節句の中でも多くの言い伝えや風習のある日
9/9重陽(ちょうよう)の節句別名:菊の節句 菊の花を使い、楽しむ。不老長寿を願う行事
1/7人日(じんじつ)の節句七草粥をたべて無病息災を祈る。

まとめ

四季や暦と二十四節気等についてまとめてみましたが、正直1枚には収まりきらない程、幅広く情報がありました。

改めて情報に触れると、日本の四季の良さや日本ならではの行事に感慨深かったです。
近年、とくに都会では季節行事を行う地域も減ってきて、行事を知らない人も多くなってきた中、田舎生活も懐かしく良いものに思えます。

季節を共にした生活も良いなと思わせてくれるシートでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

CONTACTお問い合わせ

BILLY DESIGNは、事業を推し進める経営者、運営者に
寄り添い、事業の発展を応援する会社です。

お問い合わせはコチラ